アロマ スプレー 作り方。 抗菌アロマスプレーの作り方|よーこ🍀心と体を調和する♡健康美セラピスト🍀|note

アロマオイルでデオドラントスプレーを作ろう!

アロマ スプレー 作り方

無水エタノールと精製水について 「無水エタノールと精製水」は、ドラッグストアや薬局などで購入できます。 ウォッカを使ったアロマスプレーの作り方 ウォッカはお酒の専門店などで売っています。 お肌にスプレーする場合は、1%未満とします。 精製水45ml• 悪臭に耐えられる人はよいかも(笑)オススメはできません。 グリセリンは保湿成分です。 こちらは通常のアロマスプレーとして、香りを楽しんだり抗菌、抗ウィルス目的で空気中に噴霧して使うこともできますよ。

次の

マスク消臭スプレーの作り方!精油の香りで気分もリフレッシュ!

アロマ スプレー 作り方

安いメスシリンダーは精度が悪いという声もありますが、科学実験をするわけではないので超厳密に測る必要はありません。 無水エタノール 10ml• プラスチック製を選ぶ場合には、必ずアロマオイルやアルコールへの耐性があるものを選ぶようにしましょう。 もし肌に少しついても特に問題はありませんが、意図的にはつけないでください。 抗菌アロマジェルは手に塗るものなので抗菌アロマジェルの記事ではユーカリをレシピに加えていませんでしたが、鼻づまりがつらい方はユーカリを代用すると役立つレシピになるでしょう。 消毒用エタノールも無水エタノールも売り切れでも、エタノールの代用品を使ってアロママスクスプレーやルームスプレーをつくることができます。

次の

マスク消臭スプレーの作り方!精油の香りで気分もリフレッシュ!

アロマ スプレー 作り方

バスオイルを使ったアロマスプレーの作り方 私が使っているのは、ケンソー(KENSO)のバスオイル。 ・・・・・1個• やや刺激が強いので敏感肌の人は注意が必要です。 ローズウッド5滴• 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 5〜3%が基本ですが、アロマスプレーを使う目的に合わせて濃度を調整しましょう。 100均などでアロマオイルが販売されて、このオイルを使って作ることもできます。 暑さが増してきて、汗のベタつきやニオイが気になる季節。

次の

抗菌アロマスプレーの作り方|よーこ🍀心と体を調和する♡健康美セラピスト🍀|note

アロマ スプレー 作り方

オーストラリア 先住民のアボリジニはその葉を砕いて傷薬として用いていました。 防腐剤や保存料が入っていないので、冷暗所で保管し、2週間を目安に使い切るようにしてください。 自分で作ることで経済的にもお得ですし、オリジナルのブレンドで香りを楽しむこともできます。 ちなみに、マスクに直接つけるのはNG。 スプレーにしたものは2週間程度で使い切ることがおススメです。 消毒作用 マスクにアロマの使い方! マスクにアロマオイルを使用する場合は、スプレーを作るのがおすすめです。 顔の周りにスプレーするだけで症状を和らげてくれ、部屋の中でのお手軽な花粉症対策です。

次の

【マスクにアロマスプレー】作り方は簡単!抗ウィルス作用がアップ

アロマ スプレー 作り方

マスクを快適にする! 練り香のアレンジ方法と使い方 みつろうと植物油を溶かして固めるバーム状のクリームがベースの練り香 では次に、の記事で紹介した「練り香」をアレンジしたマスクをアロマで快適にする方法をお伝えします。 レモン4滴 作った後のアロマスプレーの使い方 掃除の時に使う 出典: アロマスプレーは無水エタノールを使っているので除菌効果も期待できます。 使い方 アロマオイルと水は分離しやすいため、使う前によく振って中身を混ぜてから、脇の下や首筋、足など、気になる部分にスプレーします。 また、この成分は鼻づまりや痰などの粘液を溶解する働きも持っているので、つらい花粉症の鼻づまりにも役立ちます。 使うときにはよく振るようにします。

次の

体をひんやりさせるアロマスプレーの作り方!

アロマ スプレー 作り方

無水エタノールがないときは「香りつきマスクを作ろう」 アロマスプレー作りたいけど、無水エタノールがない! そんなときは、精油を使って「香り付きマスクにする方法」もあります。 アロマルームスプレーの基本の作り方を覚えてしまえば、 あとは精油(エッセンシャルオイル)を目的別に変えるだけです。 ) [4] 容器のふたをしめ、よく振って混ざったら完成。 注意点• [3] 精製水を40ml加える。 市販の制汗剤でワキ汗対策に取り組んでいる人もたくさんいらっしゃると思いますが、今年はナチュラルな香りのデオドラントスプレーを手作りしてみませんか? 天然の香りで作るデオドラントアイテムは身体にも優しく、心地よい香りで気分もリフレッシュできますよ。 2016. ちなみに、精油1滴=約0. 妊娠中や授乳中は避けましょう。 使い方• ゼラニウム(ローズゼラニウム) 鉢植えにして楽しむ人も多いゼラニウムは、バラにそっくりな香りです。

次の