ツー マンセル 我々 だ。 ツーマンセル(Two man cell)とは?二人一組で攻めよう!│サバテク|sabatech

ツーマンセル(Two man cell)とは?二人一組で攻めよう!│サバテク|sabatech

実は、色々理由があって、a国が攻めてくるらしい・・・んだが、オスマン外交官、いつ攻めてくるか分かるか?」 ゾムがオスマンの方を向くと、オスマンは少し考え込んだ後言った。 コネ「捕獲したでー」 ショ「っ!離せ!このくそ先輩!」 鬱「それで?ゾムさんと何があったんや?」 ショ「い、言いたくないです」 鬱「... よろしく頼むな!」 鬱「じゃ次俺か・・・。 ゾ「・・・じゃあ、そろそろ戻るか」 ショ「・・・そっすね。 「ええで」と返せば「ヤッター!」と無邪気に言う。 それでもいいという心に地平線が見える方は、どうぞ! [newpage] 何の変哲もない、ある一日。

次の

○○の主役は我々だのゾム、ショッピみたいに

いつもは隣合って二人で楽しそうに銃や戦術、悪戯等の話をしているゾムとショッピが、コネシマの席挟んで一言も喋らずにいたのだから。 二人はあの緑のパーカーと、ゴーグルのついたヘルメットをつけている。 その言葉に勇気をもらったのか、ゾムは決心したように息を吐く。 あかんな、これ・・・。 あーー。 ということは・・・ ut「ゾムとショッピ君!? 長文失礼しました!. ショ「やっば、4時から任務や」 シャ「はよ行ってき!頑張ってな!」 ショ「はい!」 ショッピはシャオロンに笑顔を向けた。 コ「その何か、があまりにも使えない!やったらウケるんやけどな!www」 シャ「たしかにwww」 俺らも便乗する。

次の

#2 ツーマンセルが幼児化する話2

」 [newpage] 次の朝 …ていうことがあったんよ。 ゾム、ショッピ君。 なんか俺とコネシマに「変われー。 シャ「まぁ、大丈夫やろ。 ショッピ君は、上は水色というより空色のパーカーにバイクがプリントされたトレーナーにゾムとおそろいのジーパンをはいていた。 この二人の幼児化はヤバい。 え、は、・・・え?ちょ、何あれ。

次の

#○○の主役は我々だ! ツーマンセルやもん。

」 ショ「承知致しました。 ちなにみに1番最初に見つけたロボロは倒れた。 でも、なんでわかったん?」 するとショッピくんは少し考え込んだ後、こちらを見て言った。 Noside 総統室の扉が開き、ゾムとショッピが戻ってくる。 するとショッピくんは、いつも通り、俺の知ってる顔で「もちろんです。 ショ「おやすみ、ゾム」. ・・・部屋に入ると、ゾムの手を引きまっすぐベットに向かうショッピ。 shp「ん・・・はよざいます。

次の

○○の主役は我々だ!さんについてなんですが先輩後輩組、ツーマンセル組、四流組...

tn「おやすみ。 ゾ「はいはい・・・」 ゾムは諦めたのか素直にショッピくんが引いた席に腰を下ろす。 それをショッピくんは、ゾムの席の後ろで立って待っている。 決して他力本願ではない ト「あー・・・どうする?」 ロ「そいや、総統室の電気まだついてたで?」 鬱「まじ?」 今総統室にいるのはほぼ100%ゾムとショッピくんだろう。 あーこれはアレが来た。 すきを生じぬ2段がまえだね。

次の

#〇〇の主役は我々だ! #ツーマンセル ツーマンセルの俺達は・・・ 前編

みんなからは鬱先生とか、大先生って呼ばれとるで!よろしくな!」 シャ「じゃ次俺やね!俺はシャオロン。 鬱「どしたんゾムさん」 大先生は、ゾム達の言ってる事の意味がわからないようできょとんとしている。 [newpage] <トントン視点> なにが起こってんのかよく分からん。 この時、お互いの銃のマガジンが共通なのが理想です。 大丈夫なんか?」 グ「うむ。

次の