ピン g410 lst。 ピン(PING) G410 LST ドライバー

ピンG410LST試打評価|低スピン?上級者向け?前作のLSTと何が変わった??

ピン g410 lst

その結果さらに飛距離アップになる。 曲がりが少ないのはこの「G410」シリーズの特徴だと思いますが、中でもこの「G410 LST」は直進性が高いと感じました。 この点は素晴らしいです。 ボディ自体はシャローですが、「G410 PLUS」に比べると、フェースがややディープな分だけボディもディープになっていました。 0rpm、飛距離241. PING TOUR 173-65 S• 5 64. 5 3. Clubs. TENSEI CK Pro Orange 50 S• 持ち球はドローと言いたいところだがフック。

次の

G410ドライバー│CLUB PING【PINGオフィシャルサイト】

ピン g410 lst

そして続いて試打したのが。 Size. ・よく飛ぶ ・ブレない方向性 ・高初速 ・強弾道 ・低スピン ・振りやすい ・ミスに強い 大ヒットした前モデルから、さらに進化してます。 【操作性】 操作性がいいクラブではない。 もちろん性能は使用するゴルファーによって変わるものだが、全ての条件が同じだとすると、スピン量はG410 PLUSに比べて200-400rpm減、前作G400 LSTと比べても100-200rpm減だという。 0 トルク 度 5. 75 310 60 D3 4. ピッチング、7番、5番アイアンと打ちましたが、普段大きいヘッドのアイアンを使っているので、とてもちゃんと打てる気がしません。

次の

超私的な試打インプレッション PING G410 LSTドライバー

ピン g410 lst

スピン量ですが、「STD」の動画データとほぼ変わらない約2700rpmでした。 そして話題の三菱ケミカル「TENSEI CK Pro Orange」は、タイガー・ウッズが使って優勝したことで注目され、その完成度の高さから高い人気を誇るアスリート向けのシャフトです 今回試打したALTA J CB RED、TOUR173-65、TENSEI CK Pro Orangeの3本です。 「しっかりつかまえないと」という意識が強すぎてややつかまりすぎてしまいましたが、びっくりするぐらい飛距離が出ました。 この差でかなり振り抜きやすく感じる。 Weight. 3 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD PT-6 SR 62 3. シャフトで飛距離が大きく変わった。 逆に言うとそれらのシャフトが好みでないという方は ピンツアーで組んだ方が良いと思います。

次の

ピン G410 LST ドライバーの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

ピン g410 lst

また、ウエート位置は、「STD」よりも若干ヒールよりになっていました。 ヘッド重量はかなりヘビー級ですが、実際にスイングしてみると思ったほどは手強い感じはありません。 G400MAXは、カウンターバランスっぽさが振り遅れの原因になるが、これはそんな心配はないし、弾道調整機能が効果的に機能してくれる。 SFTは私が打つと高弾道のドローボールになり、操作は難しかった。 先は硬め。 詳細データやコマ撮りカメラの画像からもしっかりアッパーに打っていてこれだけスピンがかかってしまいます。 Specs. 前作のG400LSTドライバーの違いを上げれば、ヘッド反発が向上していること、ヘッドの重心距離が短いので、ヘッドのコントローがしやすいなどの点が挙げられると思います。

次の

ピンG410シリーズをコースで試打してきました

ピン g410 lst

ややオフセットが減ったので、気持ち右に出る感じがしますが、距離もしっかり出ます。 まだタイトリストを打っていませんが、今年のラインアップの中では、安定感がピカイチなモデルだと思います。 その後はストレートや軽いドロー、ドローを意識してドローと、だんだんと言うことをきいてくれるようになりました。 3 〃 〃 〃 〃 〃 N. 3rpmと約400rpm減っていました。 ちなみに、写真では明度上げ過ぎてかなり白っぽくなっていますが、色は「G410 PLUS」同様の黒です。 オカムラ社長自らお悩みに返信しています。 G410LSTの顔 まず、開いています。

次の

ピン(PING) G410 LST ドライバー

ピン g410 lst

75インチ時。 ライ角の調角レンジについて、日本サイトでは言及がないようですが、USの公式サイトでは3. それでもだめならウェイトをドローポジションにしてスリーブをフラットにし、強引に右に打ち出すといった感じでした。 音は、PINGらしい小気味のよい高音系でした。 他人から見ると常に置きに行くようなショットです。 持ってみた感覚ですが、重量的には若干軽めでした。

次の

PING

ピン g410 lst

1 〃 〃 〃 〃 〃 Tour AD MJ-6 SR 61 3. 0 3. 0 (ロフト角・ライ角調整機能) 〇 〇 〇 上表の通り、 SFTモデルにはウェイト調整機能が搭載されていません。 【シャフト】 このドライバーは、シャフト選びが重要です。 3球平均で「STD」に対して約195rpm減っていました。 1g!!!!! 総重量は305g前後ですが、ヘッド重量が207gというのはかなりのヘビー級。 9 キックポイント 先調子 中先調子 中調子 中調子 中調子 中元調子 手元調子 中調子 中元調子 手元調子 先調子 中調子 中調子 先中調子 先中調子 手元調子 手元調子• マン振りしません。 キャロウェイやテーラーメイドのようなスライダー式ではなく、予め定められた3つのポジションにウェイトを装着する仕組みです。 ヘッド重量 前作から重いヘッドでしたので G410LSTもそれとほぼ同等の198. LSTだから特別なことは見た目ではあまり分かりません。

次の

PING

ピン g410 lst

前作より約2. 前モデル よりも1発の飛びもミスの寛容性も上がった。 4、中元調子です。 ただ、ウェイト調整機能の有無により値段は変わらないため、搭載されてユーザー任せでも良かったのではないかといった声も出ているようです。 LSTは6月ぐらいになるとかならないとか・・・大切なことなので繰り返しますが、G400(G30、Gもです)のスリーブとG410ドライバーのスリーブは互換性がありません!(まあぶっちゃけ、AmazonでG410用のスリーブを売り始めると思うので、それを買って入れ替えればOK) まずG410プラスドライバー えーっと・・・構えてみるとG400よりもちと大きいのでは?と感じる。 シャフトはグラファイトのVRに非常に似ていて、手元はタイミングが取れる程度に撓り、真ん中から先にかけてしなやかに撓ります。 これ、謎です。

次の