京阪 電車。 京阪3000系電車 (2代)

京阪電気鉄道

京阪 電車

6000系以降の車体はダブルデッカー車や800系(2代)をのぞいて製となっており、京阪が営業する路線内においては合金製車体の車両は一切走っていないことも大きな特徴である。 その後、中之島線開業の際に機器を更新したうえで8000系と本系列で再度、自動放送による情報提供を開始した。 この事故によりの1編成2両(モハ7808 - クハ808)が大破し、とされた。 『』1979年10月4日付朝刊• のちのにおいて東急と同じ輪重管理と新たにガードレール設置判別式を制定、全事業者に採用されたが、運輸省(当時)はこの時点では他事業者に対する注意喚起を行わなかった。 2003年の2600系の編成替えで6両編成が廃止され、大手私鉄昇格時にはすでに6両編成を有していなかったに次いで6両編成を所有していない2社目の大手私鉄となった。 線路敷設予定地の一部が伏見区石田合場橋-伏見・山科両区の区境付近で「」として利用され、新京阪山科線と接続予定であった山科駅の予定地が(山科区大宅)となっている。

次の

京阪電気鉄道

京阪 電車

:大阪市との市営電車軌道共用、ならびに市内乗入契約を解除。 12月5日:京阪本線 深草駅 - 三条駅間・鴨東線でK-ATS使用開始。 また伊豆急行では単線でほぼ全駅で列車を交換するダイヤであったが、ATSが未装備だった。 当時の2008年10月19日改定時点のダイヤでは、一部の特急列車 にも使用されたほか、平日の朝ラッシュ時から昼間時への移行期と夕ラッシュ時に区間急行 でも運用されていた。 1926年(元年):京阪線の一部車両のにパンタグラフを採用。 さらに2016年4月1日に、純粋持株会社体制へ移行した。

次の

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

京阪 電車

:譲受代金370万1722円24銭とする北大阪電気鉄道から新京阪鉄道への電気鉄道事業譲受契約を締結。 5 km 1922年4月24日 1942年9月25日 京阪電気鉄道、新京阪鉄道の梅田支線 大阪市北区葉村町 - 同区角田町間 0. 京阪線1500V化に併せて2代目101-151 111の3両が1300系・1800系の車体と1700系の床下機器を利用して製造された。 相模鉄道瀬谷駅構内列車衝突事故 [ ] 1968年(昭和43年)8月17日11時45分 構内で、貨物列車を牽引するために入れ替え作業中であった電気機関車に、発行きの4両編成電車が追突。 資本金1152万円を増資し、4752万円となる。 : - 間• 貨物列車の車体には列車番号が表示されておらず、現地の端末で列車の正確な位置を確認するようなこともできなかったため、潜在的にミスを誘発する余地はあったが、時刻の変更によりまだ通過するはずのない時間であった点への配慮が欠けていた。

次の

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

京阪 電車

戦中のに京阪が(阪急)と合併して、京阪神急行電鉄の路線となり、戦後京阪が再分離する際に阪急側に残存した。 - 「鉄軌道輸送の安全にかかわる情報(平成26年度)の公表について」の「資料編」に所収。 :東京市麹町区有楽町1丁目(現・東京都千代田区有楽町1丁目)の東京商業会議所(現・東京商工会議所)において 京阪電気鉄道株式会社(初代)創立総会が開催され、取締役に岡崎邦輔、桑原政、村野山人、佐分利一嗣、林謙吉郎、井上保次郎、が、監査役には、田辺貞吉、村井貞之助がそれぞれ就任し、その取締役会において専務取締役に渡辺嘉一が、相談役に渋沢栄一がそれぞれ就任。 - 京阪公式サイト• 2014年7月14日閲覧。 フルカラーLED表示器は大津線車両では使用されておらず、各系列の新塗装化後もフルカラーLEDへの改造は行われていない。

次の

京阪本線の路線図

京阪 電車

事故以降、同社はをはじめとした新製車両を随時投入し、キハ300形の運用は2011年に終了した。 常磐線磯原 - 大津港間列車脱線事故 [ ] (平成元年) (、線閉違反) - 間下り線において、発行下り貨物3083列車(牽引、21両編成)が夜間保線工事のためレールの取り外された区間に進入、脱線・転覆した。 後続の特急列車の運転士が見込み運転をして停止信号を通過したか、列車のブレーキ故障が原因と見られる。 「廣島で三重衝突 十三名が死傷」『朝日新聞』昭和25年12月25日• 搬入当初は、前面の表記がの窓下部に記されていた が、視認性が良くなかったことから営業運転開始までに貫通扉の窓上部に変更された。 43名が負傷。 外部リンク: 房総西線保田 - 浜金谷間急行「うち房」脱線転覆事故 [ ] 1970年(昭和45年)7月1日 房総西線(現・内房線) - 間の鋸山トンネル千葉寄り出口付近で事故前日から当日未明に掛けて降った集中豪雨により土砂崩れが発生した。

次の

京阪電車

京阪 電車

出典 [ ]• また列車以外では、やなどで多数の鉄道車両が被災した。 クレジットカードでご購入の定期券の場合は、「決済に利用したクレジットカード」と「暗証番号の入力」が必要となります。 先頭車には車輪の空転を防ぐ(アルミ粉末を滑り止めに使っているアルミナが主流の関西私鉄では唯一のセラミック粉末を使ったセラジェット採用事業者 )・運転状況記録装置・ホーム検知装置が設置されている。 事故列車は、で主抵抗器が赤熱して付近から発煙していることが見つかったために営業を打ち切って乗客を降ろし、の側線へ向けて回送中だったので幸いにして乗客の被害は発生しなかったが、火災発生が駅と駅の中間だったために消火に手間取り、乗務員やら11人が負傷した。 :ユーロ建て普通社債を発行。 整備に伴い、2020年度をもって運用終了予定。 衝突後203はさらに、衝撃でブレーキが損壊し、下り坂を逆行、後方のダンプトラックとも衝突した。

次の

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

京阪 電車

この事故で乗客・乗務員・トレーラー運転手187人 が負傷した。 事故車両のうち、損傷の激しい8両(急行の前6両と準急の後2両)が事故廃車された。 2226Fは唯一、編成内にして中間車化改造された車両が組み込まれておらず、中間車は全車とも当初から中間車として製造された車両である。 特急用電車運用開始。 乗換路線. 営団3000系の事故編成は中間車1両を同じ番号で代替新造の上、運用に復帰した。 2月25日:鴨川電気鉄道が鴨東線の地方鉄道敷設免許取得。

次の