なにわ の エジソン。 アレを発明した「なにわのエジソン」が八尾市在住って知ってました?

なにわのエジソン木原健次がおちゃっぱーで月曜から夜ふかし再び!滑車で遂に成功?更なる惨事にマツコ、村上信吾、スタジオ大爆笑!!

なにわ の エジソン

木原健次さんのプロフィールは、次のとおりです。 アハハハ 質問 商品化されればいいですけどね(笑) 試作品を作る経費の方がすごいんじゃないですか? 今までに500点以上の発明されてるのでしょ? 木原 いやいや。 ドローン墜落) なにわのエジソン・木原健次の商品化された発明品 木原健次さんの発明は、ほとんどが珍発明ですが、唯一、商品化されたものがあります。 以下が、『おちゃっぱー』の仕様と結果です。 さらにホースを長くし、滑車を使って漏斗を持ち上げる(漏斗が外れて、頭に直撃)• お皿の縁にある溝に串を差し込みひっぱるだけで、スルっと串から抜くことができます。 現在は、自身の発明品の開発・販売に協力してくれた『旭電機化成株式会社』の特別顧問をしています。 考え過ぎか??笑 『おちゃっぱー』以外の発明品 木原さんの 『おちゃっぱー』以外の発明品 も気になったので調べてみました! それがコチラ! 串抜き皿 — タクヤ大好き超愛してる! takuyakanda 焼き鳥や団子の串を 手を汚さずに取れるという発明品です。

次の

『月曜から夜ふかし』おちゃっぱーの発明家。他の発明品は?なにわのエジソン木原健次。|【ネタなる】話題のあれこれ、ネタになることまとめブログ

なにわ の エジソン

ようやく形となったのが、この串抜き皿です。 知識を駆使するのではなく知恵を絞る。 木原さん、よろしくお願いします。 【名前】 木原健次(きはらけんじ) 【生年月日】 1938年 【居住地】 大阪府八尾市 【趣味・特技】 発明 【職業】 発明家、旭電機化成株式会社の特別顧問 木原健次さんは、「なにわのエジソン」「八尾のエジソン」と呼ばれる発明家で、約40年に渡り発明を続けています。 商品紹介 レストラン向け業務用商品。 当初は企業などに売り込み、商品化で副収入を狙ったが「断りの連続。

次の

なにわのエジソン【月曜から夜ふかし】本名や職業、珍発明きっかけや閃きはどこで?珍発明品紹介

なにわ の エジソン

ぼくはナニワのエジソンです 出演 [ ]• プロフィール 名前 :木原健次 生年月日 :1938年(月日不明) 出身 :大阪府八尾市 所属 :旭電機化成株式会社 特別顧問 木原健次さんは 御年80才にもなる発明家さんで なにわのエジソンと言われる方です! 32年間で500点もの発明品を作っているそうです! 衝撃ですよね! なにわのエジソンの思考 木原健次さんは 発明を始めた理由を インタビューの中で語っていました ずばり! 楽して金儲け!1番の近道は「発明」や。 その後、木原は賞金が出る発明コンテストに応募し続け、1980年、フジテレビの珍発明コンテスト番組で3位入賞。 縁には、模様が入っています。 それは賢い選択です。 木原 ありがとうございます。 これでいろいろな食卓用品になる。

次の

おちゃっぱー(なにわのエジソン)発明最新作【ラジコン】

なにわ の エジソン

木原健次さんは現在78歳。 関西から「負けてたまるか」 けいはんな学研都市で知られる京都府精華町出身の木原さん。 質問 それはすごいですね。 「必ず欠点のあることを自ら意識する。 マスコミで大爆笑なのですが、ひとりではあまりにも寂しすぎる運動具。 この他にもまだまだ珍発明作品がございますが、ご紹介しきれません。 ガラクタを集めて、それでも足りなかったら百均で調達してます。

次の

旭電機化成株式会社・・・プラスチック成型をはじめとして金型制作・加工・塗装・OEMを手がけ、また、自社ブランド「スマイルキッズ」を企画・制作・販売するトータルプラスチックメーカーです。

なにわ の エジソン

今、「串抜き皿」は、バリエーションが増えていますが、こちらは「元祖串抜き皿」です。 「おちゃっぱー」とは? 急須を使わずに楽にお茶が飲める発明です。 失敗発明を重ね重ねて30年。 しかし、世の中、そんな甘くなかった。 湯飲み・どんぶり鉢を運ぶのに便利なお盆。 (笑) 最小限の経費で、発明品作って、それを使えば生活も便利になるし、 ご家族もそれならOKでしょ。 旭電機化成株式会社・・・プラスチック成型をはじめとして金型制作・加工・塗装・OEMを手がけ、また、自社ブランド「スマイルキッズ」を企画・制作・販売するトータルプラスチックメーカーです。

次の

Amazon|串がスッと抜けて食べやすい! スマイルキッズ なにわのエジソンの串抜き皿 AYS

なにわ の エジソン

質問 おめでとうございます。 アイディアは専門の知識ではなく小学生くらいの知恵から・・・• 口の周りも汚れたりします。 一発七三分け 男性諸氏は出勤の朝は忙しい。 失敗の連続だが、世の中に笑いを提供するユーモアたっぷりな珍発明を続ける理由は、独自の人生哲学にあるようだ。 頭は使うがお金はできるだけ使わない。 日本テレビ系列『月曜から夜ふかし』の人気企画として、不定期で放送されているのが、日本全国の発明家とその発明品を紹介する企画です。 40歳から余暇を使って趣味と実益を兼ねた発明のアイデアを練ることに夢中となり、これまでの約40年間に浮かんだ発明のアイデアは5千点をくだらない。

次の