象印 クイズ ヒント で ピント。 象印クイズ ヒントでピント

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

前述のとおり「学力王」の一つであるため、出題と正解発表のナレーションをが担当したほか、一部を除きクイズを出題前に司会のがヒントを出していた。 』という本番組をベースとする番組対抗のスペシャル番組が放送された。 私は子供心にそんな浅井さんを、 「日曜7時半のはらたいら」。 ボタンを押すと鐘の音と共にネームプレートの下にある赤いランプが点滅する。 解答者はタレントやと呼ばれるタイプをメイン(特にキャプテン)に揃え、知的イメージを押し出していた。 これに参加したのは『』(第1期)『』『』『』『』やアニメチーム(『』ほか)などである。 実質的には山形放送と2局同士での番組枠の枠交換した。

次の

象印クイズ ヒントでピントファン

象印 クイズ ヒント で ピント

番組開始後8年目の(第419回)放送には女性軍もスペイン旅行を獲得しており、その際は女性軍5人全員が大号泣した。 10点満点で1問出題。 最終回では全問16分割問題で、ボーナスクイズ獲得のオープニングクイズ1問(解答権は1人1回)、パート1は各枠男女1対1の対戦でラッキークイズは無し、ヒントとして各問題でテーマが出される(解答権は無制限)、パート2は通常ルールで5問出題(解答権は各チーム3回まで)された。 ゲストの参加賞賞品は、男性軍と女性軍でそれぞれ男性向けと女性向けの象印製品が用意され、勝利した方がやや豪華な賞品であった。 1994年9月25日 第708回 (最終回) なし オープニングタイトル直後、土居はオープニングクイズ前に最終回である事を告げる簡単な挨拶を行った。 22 1987. マッハ文朱さんも然り、いずれもまだ亡くなるような年齢ではなかった。 10 『』の続投。

次の

象印クイズ ヒントでピントファン

象印 クイズ ヒント で ピント

「直感と連想能力に挑戦する、象印クイズヒントでぇ~ピント!」 という司会の土居まさるさんの舌なめらかな挨拶と共に、番組がスタートします。 それ以来、表舞台から遠ざかり、やの検査を受けていたが、半ばにが見つかり、医師からは手の施しようがなく余命3ヶ月と宣告された。 なお、正解・不正解数によって賞与・厳罰は無く、あくまで目安である。 流れ 番組初期の流れ 番組開始から行われたクイズ• プロデューサー:中江尭政、市川忠信、蒲生直人、佐藤彰• 登場する時、顔の前で両手を交差させて、右手の平を右アゴに添えて「 ……ハイッ! 敗北チームは電飾は付かず、緑と赤のランプはそのままであった。 また、制作する局では先行の番組は朝日放送で、後続の番組はテレビ朝日となっているが、先行の番組が朝日放送制作となったのはこの番組が最後となっている。

次の

象印クイズ ヒントでピント

象印 クイズ ヒント で ピント

我々視聴者側は「ヒントでピント」と呼んでいましたが、番組の正式名称は 「象印クイズ ヒントでピント」。 年は多分2つ上です。 良い意味で斜め上の珍・難問題が出てくる質の高さがそれを物語っています。 宴会を10倍楽しくする方法(、1982年)• 特徴 [ ] 解答権が1人1回の問題は、ネームプレートの左右に付いているランプが点灯、不正解でランプが消灯して解答権が無くなった事を表し、その後ボタンを押しても早押しが反応しない様になっている。 ( 2015年5月) 象印ニュースクイズ パンドラタイムス ZOJIRUSHI NEWS QUIZ ジャンル ・ 出演者 ほか オープニング 「パンドラタイムス」 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 1994年10月23日 - 1995年3月19日 放送時間 日曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 『 象印ニュースクイズ パンドラタイムス』(ぞうじるしニュースクイズ パンドラタイムス、実際のタイトルロゴは「 ZOJIRUSHI NEWS QUIZ パンドラタイムス」)は、ほかで放送された製作のを兼ねたである。 また、解答権については、パート1とパート2は無制限、オープニングクイズとパート3は1人1回、パート4は各チームお手つき2回まで。 11 1979. テレビ朝日系列局ではからまで、毎週日曜 19:30 - 20:00 ()に放送。

次の

象印ニュースクイズ パンドラタイムス

象印 クイズ ヒント で ピント

問題作成:、THE・TEN、テレビット、Uncle、、UFO'S、CAMEYO、ペンギングループ、• 前述のとおり「学力王」の一つであるため、出題と正解発表のナレーションをが担当したほか、一部を除きクイズを出題前に司会のがヒントを出していた。 ゲストは、出題PART2の1対1の時以外は解答しない場合が多いが、(第630回)放送分で男性軍のゲストが当時の、女性軍のゲストがレギュラー前の兵藤ゆきの際、16分割問題で木村が1問目と2問目を正解(答えは「学生がイメージする」」と「」本人が自分の映画に出演する1シーン」)、兵藤が3問目を正解(答えは「日本各地の」)して、ゲストが16分割問題全3問を正解する珍しいパターンとなった。 日本史におけるクイズ番組全盛期ではなかったのではないかと。 但し、レギュラー放送時には無かった12分割問題があった。 4組ずつのペアを組んでの対抗戦が行われた。

次の

宮尾すすむ

象印 クイズ ヒント で ピント

28 1983. この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 -、-。 (日本テレビ) - 司会• また放送分から、司会者席と解答者席にある象印のロゴが変更され、さらに解答者席のチームカラー(男性軍が黄緑、女性軍がピンク)の下に青いラインが加わった。 規介 -。 画面モザイク、1980年当時はチョー最先端の映像技術だったのです。 主に同じ席枠の男女レギュラーが描かれ、2 - 3枚の絵を順番に出してアニメの様に動かす場合もあった。 16点満点、ボーナス問題の場合は32点満点で3問出題。

次の