Lixil 株主 総会。 総会迫るLIXIL、異例の「票集め」巡り攻防激化:日経ビジネス電子版

個人投資家を惑わす巧妙な提案内容

lixil 株主 総会

会社側が推薦した鈴木輝夫氏(あずさ監査法人元副理事長)と鬼丸かおる氏(元最高裁判事)は、瀬戸氏側がまず推薦し、その後、本人の承諾なしに会社側が追随するというお粗末さで、泥縄式の取締役選定だったことが明らかになった。 Resultをクリックしてランキングを並び替える 住宅設備メーカーのLIXILグループは日本で昨年唯一アクティビストが勝利したターゲット企業だった。 一方、株主が株主提案に賛成する場合は、委任状を返送せず、2号議案と3号議案に賛成を書き込んだ議決権行使書を送るという作業が必要である。 そして今回のこの変化は、機関投資家の投票行動が今後変わっていくきっかけとなる可能性がある。 社外取締役は自身の意見を明確に述べるべきですし、取締役や執行役の意見対立で、重要議案の審議が進まない場合には指名委員会を中心として、役員構成を変更することを主導しなければなりません。 第五に、経営者のお友達組織(委員会)が信用されなくなっている。 株主が勝った場合は瀬戸氏がCEOになる可能性が高いです。

次の

2020年定時株主総会招集通知 投稿日時: 2020/06/11 08:00[適時開示]

lixil 株主 総会

伊奈氏はその取締役会で瀬戸氏の辞任に反対している。 LIXIL創業家の潮田(うしおだ)洋一郎会長兼CEOの影響力をなくし、ガバナンス(企業統治)不全を正すと主張している。 LIXILグループは指名委員会等設置会社です。 そのうえで、どちらが企業価値の向上につながるかを、両者の話を直に聞くなどして判断したという。 株主が声を上げれば、会社の経営が変わるということを示したい」とも述べた。 まず会社側が勝った場合です。

次の

総会迫るLIXIL、異例の「票集め」巡り攻防激化:日経ビジネス電子版

lixil 株主 総会

会社側は総会後、最長で半年間、元リコーの三浦氏が暫定CEOにつき、その間に正式な次期CEOを決める予定です。 「プロ経営者」として招いた瀬戸氏が解任され、母体企業の1つである旧トステム創業家の潮田洋一郎氏が新CEOに就任しました。 2人の重複を含み、会社側10人、株主側8人を立て、取締役会での多数派を狙った。 そこには年金などを運用する機関投資家が本気で議案の賛否を考え始めたことが影響した。 私は本連載記事などで、「創業家で元CEOの潮田洋一郎氏による瀬戸氏のCEO解任が不当だったところにコトの発端があるのだから、瀬戸氏のCEO復帰が正道だ」と主張してきた()。

次の

混乱のリクシル役員人事、決着は 株主総会はじまる:朝日新聞デジタル

lixil 株主 総会

たとえ別案件に支障が生じるとしても、有事会社への優先的な対応が求められる場面だったのではないでしょうか。 今回、瀬戸氏側が問題視しているのは、委任状と未記入の議決権行使書の取り扱い方についてだ。 基準を厳しくしたが、企業も社外取締役を増やすなどして対応し、反対率は微減の19. 伊奈氏自身は「このガバナンスを無視した手法に驚き、反対しましたが、止めることができず、同時に無力さをも感じていました」とコメントしている。 「株主案」も8人です。 総会後の経営を円滑に進め、企業価値を高められるかどうかです。 また、同社指名委員会が、委員をCEO候補者として、委員長をCOO候補者として指名したことについても「お手盛り」ではないかと批判をされています。 瀬戸氏側は、自身を含む8人の取締役候補を株主提案している。

次の

LIXILの株主総会雑感

lixil 株主 総会

CEOの交代事案に限らず、会社の行動に不自然な点がある場合には、機関投資家から厳しい対応を迫られることが増えるものと思われます。 当然、反潮田の急先鋒である瀬戸氏や伊奈氏を追放するのが狙いだ。 LIXILグループの経営混乱は2018年、母体企業のひとつである旧トステム創業家の 潮田洋一郎氏が、「プロ経営者」として招いた瀬戸氏を解任し、自らがCEOに就いたことで顕在化した。 株主総会の議案は、会社側の独自候補が第1号、会社側と瀬戸氏側の共通候補が第2号、瀬戸氏側の独自候補が第3号となっている。 インサイダー取引規制やフェアディスクロージャー・ルールとの関係でやや疑問もありますが、経営陣と意見を異にする他の取締役や監査役と機関投資家が、株主権行使を前提とした情報交換を行う例も増加する可能性があります。 英マラソン・アセット・マネジメントなど海外の4機関投資家が、この人事に対して「不可解」と異議を唱え、潮田氏らの取締役解任に向け、臨時株主総会の開催を求めた。 その中で、16件のうち半数の8件に反対している会社があった。

次の

LIXIL潮田氏に反旗、「伊奈一族」の決断:日経ビジネス電子版

lixil 株主 総会

機関投資家からの要請に対して、会社側はどのような対応をすればよいでしょうか。 それでも、福原賢一氏(ベネッセホールディングス特別顧問)と竹内洋氏(元関東財務局長)の2人については、反対を推奨した。 LIXILグループでは、過去に買収した海外子会社の売却をめぐって意見の対立があったと報じられています。 たしかに、社外取締役には、自身を推薦してくれた社内の取締役や紹介者の意見を忖度したくなる気持ちがあることは否定できません。 実はこの4社だけでは、「株式を議決権で3%以上、かつ6か月に渡り保有している」との条件を満たさない。

次の