神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし。 日月神示

賀茂真淵『にひまなび』(日本名著全集)

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

3:16 そして、この イエスの御名が、その御名を信じる信仰のゆえに、あなたがたがいま見ており知っているこの人を強くしたのです。 あるいは読んでいても、目がふさがれていて、理解できないかもしれません。 ここに、神の愛が私たちに示されたのです。 今のやり方では愈々(いよいよ)苦しくなるばかりぞ。 九月十九日、ひつ九の。 三番目のURLは、かなり難しい文章ですが、メタフォア論になっています。

次の

座右の銘!「神は天にいまし、すべて世はこともなし」

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

神々様守護神どの、勇め勇め。 そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。 この世始まってない今度の岩戸開きざから、これからがいよいよぞ。 「反宗教?わしの方は大賛成じゃ。 メタフォアのイメージや雰囲気を味わうことが意味あることになります。

次の

WEB聖書 口語訳/文語訳

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

4:25 ですから、あなたがたは偽りを捨て、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。 見よ、その時、この隠れたる神の子達が、大地の下層より隆起して、自己の体得し、また体験する所を、堂々と証言するであろう。 それはヨブにとって、義人であり、神を畏れ、悪を避ける自身を世界の人々とサタンさらには神に従う人々にまでも証しする機会となった。 「 腹一杯食べてはならん、死に行く道ぞ、二分を先づ神にささげよ。 サタンとその手下は、この「イエスの御名」が語られるとき、それに従わなければならないからです。 現象はどういじくってみたところで、それ以上の価値は出てきません。 今、 萬葉集を學びて其の心を知り、 古今歌集を兼ねてその姿を得ば、誰か 追及 いしく (*追いつき、及ぶこと)無き物とせん。

次の

第六章 共通点 1 神示と霊訓 神の計画 錦の機(はた)の仕組/世の大峠(立替と立て直し)/政治・経済/春の到来/神の奇 謝寅

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

また梅開厭雨てふ題にて、「吾が宿の梅の花咲けり春雨はいたくな降りそ散らまくも惜し」と詠まれしを思ふに、其の頃京に歌詠む人、皆 進 さき心もて巧みに 屈 くしつゝぞ在らん。 彼女がもっと早くにそのことを知っていれば、得られたであろう益は大きかったはずです。 また、シ... 道とは三つの道が一つになることぞ、みちみつことぞ、もとの昔に返すのざぞ、つくりかための終りの仕組ぞ、終は始ぞ、始は霊(ひ)ぞ、富士、都となるのざぞ、幽界(がいこく)行きは外国行きぞ。 後に古きさまに登るべき心じらひ (*心構え)して 學 まねばゞ、終に宜しく成り行きなん。 その到来は、神の子等がその自由意志を鍛える歩調に応じ、早くもなり遅くも成る 神の奇跡 信仰の浅きもの、近欲なるものは、神の奇しき働きを求むるものなり。 「 もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです。

次の

原稿への答え 〜堪ることは力をつくし

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。 」 ヨハネ16章23~24節 と。 」と書記されている。 そして自分の個人的興味がそそられ好奇心が満たされる限りは、ついてくる。 同様なことを「大本神諭」でも国常立尊が今までの立替について次のように述べている。 この大峠は我々の住むこの現界のみならず、神界、霊界、幽界なども含めたすべての世界とすべての存在に等しく起こるとされ 、のうち何ひとつそれから免れることができるものは存在しないという。 石物言ふ時ぞ。

次の

神は天にいまし すべて世は事もなし

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

問題は、試練や誘惑に打ち勝った後です。 この真理に対する霊的理解をもつことが必要なのである。 国土おろがめと申してあらうがな、日本は国が小さいから一握りに握りつぶして喰ふ積りで攻めて来てゐるなれど、この小さい国が、のどにつかえて何うにも苦しくて勘忍して呉れといふやうに、とことんの時になりたら改心せねばならんことになるのぞ。 互いにひかれ合いながら一歩をふみだす勇気がなく、秘めた想いを銅像に封じ込めた貴族と人妻の恋を諷刺的に描いた物語詩で、三四郎と美禰子にとってはまさに「他人事ではない」。 祝詞はよむものではないぞ、神前で読めばそれでよいと思うてゐるが、それ丈では何にもならんぞ。 また、モンゴメリの「赤毛のアン」では、その最後にこの詩の最後の部分が引用されている。 その神に信頼するならば、すべて良し! と言える。

次の

原稿への答え 〜堪ることは力をつくし

神 は 天 に いま し すべて 世 は 事 も なし

。 縦糸はモウ出来上がりて天へ上がりたから、是から先は変性女子が御苦労なれど、縦糸をかけて棚機姫(たなばたひめ)殿の御用を致すのであるぞよ。 こっちに来いですって」アンは笑った。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 さるが中に 萬葉は撰みぬる卷は少なくて、多くは家々の歌集なれば、惡しき歌、惡しき 言 こともあり。

次の