アルドール 北谷。 《Escape to 北谷☆サンセットの美しい店》アルドール@沖縄県那覇市

アルドール (ARDOR)

アルドール 北谷

おすすめの特集• 「ワクワク感を楽しんでください」 ARDOR アルドール TEL/098-926-0777 住所/沖縄県中頭郡北谷町宮城3-223 営業時間/18時~23時30分 LO22時 定休日/水 アクセス/沖縄道沖縄南ICより10分 駐車場/4台 2. 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 by tenmorimori at 15:05 by かにっこ at 19:21 by tenmorimori at 20:16 by かにっこ at 18:16 by tenmorimori at 17:23 by Rubby at 15:32 by tenmorimori at 08:59 by まー at 12:01 by tenmorimori at 17:53 by Rubby at 20:40 by tenmorimori at 18:35 by ひろし at 17:46 by かにっこ at 21:46 by tenmorimori at 09:27 by あじあ at 16:06. 那覇から車で30分ほど。 まずは、沖縄のブクブク茶をイメージした食前酒から・・ シークワーサーと県産のセロリ、小松菜 セロリの香りとシークワーサーの酸味 本日はアルコールペアリングとSはノンアルコールペアリングです。 器はオーナーの作 ノンアルコールはシークワーサーのコーディアル シークワーサーシロップのソーダ割に沖縄レモンのすりおろし クブシミ 甲烏賊 とザボン エンペラ 耳 のパウダー 烏賊は4kgくらいで10日寝かせたているそうです。 貸切不可 予約• 製作に数十万円かけた特注品だ。 重い扉を開けると、さまざまな装飾品が置かれた不思議な小部屋が。

次の

【ホームズ】プランドール北谷の建物情報|沖縄県中頭郡北谷町字砂辺140

アルドール 北谷

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 さらに脇を固めるミジュン(沖縄イワシ)のアンチョビがうまみをブーストさせ、ピスタチオはコクを加える。 タクシーで訪れる常連が多い 明るくチャーミングな加藤夫妻。 カプチーノ仕立ての蕪のスープ、 上にはジーマミー 層になっていて、まずはジーマミーの泡をすくう。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 ここは美術館のようであり、コンサートホールのようでもある。

次の

【ホームズ】プランドール北谷の建物情報|沖縄県中頭郡北谷町字砂辺140

アルドール 北谷

仲村大輔さんは、まるで街角に絵を描くように、新しい食の風景を生み出し続ける 小学生の頃、仲村大輔さんは、日曜日になると早起きをした。 そして、蕪のピュレを。 103• の店内はとっても贅沢な空間でそして品の良さを感じさせる内装です。 本来はお酒のおつまみとして頂く前菜だと思うのですが、アイスティーとでも全然いけますよ😝💦 県産の食材も使った前菜。 島素材を主役にイタリアンやスパニッシュ要素を加えた唯一無二の料理に仕立てる。

次の

ホールスタッフ

アルドール 北谷

せっかくなら一皿一皿の楽しさをさらに盛り上げようと、仲村さんは「空間のスパイス」を店のあちこちに効かせた。 県産そら豆と菜の花などの青菜野菜。 「たとえ月々の返済に苦しんでも、頭に浮かんだ想像をしまっておかずに、やっちゃう。 まだ見たことのない景色を見たい。 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 実はこのクブシミ、焼く前に10日間、超低温で寝かせて、凝縮感と甘味を引き出してある。 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• 一杯のクブシミという沖縄素材から発想が無限に広がり、灼熱の沖縄にラテンの熱狂を連れてくる。

次の

タケマシュラン: アルドール(ARDOR)/北谷(沖縄)

アルドール 北谷

そうして2008年、飲食店のない那覇の裏通りにピッツェリア『BACAR(バカール)』をオープン。 スペイン風味なのにまぎれもなく口のなかには沖縄がある。 カウンター席や個室がある オーナーの仲村大輔さん。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 「ご来店いただくからには、おなかを満たしていただくのはもちろん、いっときの間、日常を忘れて、心の栄養まで補給していただきたい。

次の

北谷にあるスペイン料理『 ARDOR アルドール 』へ行きました。

アルドール 北谷

著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 その他• 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 イベントで人気の黄色いビストロバス。 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 窓が一つもないのは、お客さんに非日常を感じてもらいたいから。 安くて旨くて、居心地もイイ! 日常使いできるビストロです。

次の