フェデリコ バルベルデ。 フェデリコ・バルベルデ「僕らのクラブでは勝つことがすべて」(olympicstadium.whufc.com スポルト)

フェデリコ・バルベルデの教科書!経歴やポジション、プレースタイルを徹底解説|yasublog

フェデリコ バルベルデ

「レアル・ソシエダのようなタフな相手に勝つことができて良かった。 中盤を右から左までカバー出来る運動量と、一瞬の寄せの速さと良い物を持っているので、ファールが減ったら圧倒的な存在になりそうです。 プレースタイルは高い攻撃センスや、献身的な守備を持ち味とする選手で、攻守にわたる活躍が期待できます。 中盤の選手がこれをやってボールを受けようとすると、相手からしてもマークの受け渡しなど対処が難しいので非常に有効ですね。 まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

バルベルデのスピードがレアル・マドリードで最速に!ベイルよりも足が速い!?驚愕の動画がこれだ!

フェデリコ バルベルデ

国内リーグ戦に限る。 若い才能がそろうウルグアイのMF陣で、競争を激化させる男。 その後、 18歳になった(2016年7月22日)フェデリコ・バルベルデはレアル・マドリードに正式加入しています。 もちろん怪我をしないように倒した。 00 0. 彼らは選手それぞれがどんなプレーをすべきか理解しているからね。 さらに ボールを奪われた時の対応も早く、相手選手への素早い寄せでボールを奪い取るシーンが見られます。 2017年のワールドカップでの活躍を受けて、同年にデポルティーボへローン移籍します。

次の

フェデリコ・バルベルデとは

フェデリコ バルベルデ

Photo — 藤坂ガルシア千鶴 chizurufgarcia 背番号は、15番。 当初はBチームのカスティージャに所属していました。 また、フェデリコ・バルベルデは過去(CAペニャロール、レアル・マドリード・カスティージャ、デポルティーボ)に右サイドハーフや左サイドハーフ、トップ下で起用されていたことがあります。 最新記事• 99〜8. バルベルデは、結果的にチームに今季初のタイトル獲得に繋がったスペイン・スーパーカップ決勝でのアルバロ・モラタへのリアクションを振り返った。 これまでにU15代表、U17代表、U20代表合わせて71試合に出場して、今日19歳の若さでA代表デビューして、中盤でパスを裁きまくって0-0の均衡を破るゴールまで決めて…お見事でした。 レアル・マドリード加入当初はリザーブチーム(カスティージャ)で経験を積み、デポルティーボへのレンタル移籍を経験しました。

次の

フェデリコ・バルベルデの凄さとは?プレースタイルやプロフィール、背番号を紹介

フェデリコ バルベルデ

【ウイイレアプリ2020】おすすめ記事• とてもいい気持ち。 そしてそんな中で見事にトップを記録したバルベルデというわけですね。 タイトルを得たことには満足しているけど、やったことはよくないので気分は悪いね」と自戒の念を抱いている。 写真提供: Gettyimages すごいスピードでレアルを背負う存在に バルベルデはリーグ戦最後の4試合で、ずっとスタメンとして使われていた。 しかし、バルベルデは試合の度に成長していて、それを見るのは楽しい」 おそらく、この点に置いてポグバに比べられているのだと思われる。 それを考えるのはまだ早いが、僕らのクラブでは、どんなに複雑になっても勝つことがすべてだ」. 代表 [編集 ] 各年代代表に選出されており、2015年のではの出場権こそ逃したが、得点ランキングで2位となる7ゴールを記録。

次の

フェデリコ・バルベルデ「僕らのクラブでは勝つことがすべて」(olympicstadium.whufc.com スポルト)

フェデリコ バルベルデ

2018年からはレアル・マドリードのトップチームに在籍していますが、残念ながら今のところ、出場機会を得られていません。 1 Lv. 自分たちのミスのせいで、首位とは2ポイント差になってしまったので、この不利な状況を打開するためにも、素晴らしい仕事をしなければならない」 ウルグアイ代表MFは、もし競技が再開されずに王者になってしまった場合、公平ではないと考えている。 Valverde: 35. そして、忘れちゃいけないのがバルベルデはまだ21歳ということです。 どの試合も勝たなければならないし、この勢いを維持していかなければならない」と、バルベルデは試合後に語っている。 フェデリコ・バルベルデはジダン監督の信頼を勝ち取り、重要な試合でもフルタイム出場することが増えています。

次の

バルベルデ(ウルグアイ)のプレースタイルや背番号!スアレス曰く化け物!

フェデリコ バルベルデ

はラ・リーガ3部で 30試合に出場。 【PICK UP】今週の最新記事一覧• また、スペースがあればドリブルで自ら持ち上がるシーンも見られ、相手チームからすれば自由を与えてしまうと危険なプレイヤーです。 コントロールカーブ ミドルレンジからカーブをかけた正確なシュートを打てる。 攻撃と守備に対する意識ともに高く、対応の早さはもちろん精度の高いプレーが見られます。 ワンタッチパス ワンタッチで正確なパスを出せる。 「ボックストゥボックスのプレーはそんなに簡単じゃない。 またインターセプトも持っており、ピッチ上を縦横無尽に駆け回り相手のパスを刈り取ります。

次の