大船渡 国保 監督。 国保監督が思い語る

大船渡国保監督

大船渡 国保 監督

同監督によると、筋肉に張りがあったが、痛みなどはなかった。 今まさにソフトバンクで活躍している高橋純平投手と同じ。 高校生には判断できない、監督なりに佐々木投手のことを考えて登板させなかったのだと思います。 途中、佐々木に切り替える機会が何度もありながら国保監督はあえて見送り、その結果チームはサヨナラ負け……。 そしてこの温存策には、もう1つの意味がありました。 大船渡高校野球部 国保陽平監督が佐々木朗希選手を登板させなかった理由は? 大船渡高校の国保監督が佐々木選手を起用しなかった理由... 佐々木選手の選手人生を考えると正しい采配だったのかもしれないが、本当はずっと一緒に戦ってきた大船渡高校のチームを勝たせて甲子園に行きたかったと思う。 甲子園出場がかかる決勝戦でチームで1番勝てる可能性がある投手を誰が見ても明らかに故障していて投げられない状況ならともかく、あくまで推測の範囲ですが佐々木投手のコメントを聞く限りでは投げようと思えば投げられる状態にあったと思いますし、そういう状況の中で無理をさせなかったのは大英断だったと思います。

次の

大船渡・国保監督“佐々木温存”の裏に米独立リーグでの体験

大船渡 国保 監督

その試合は勝利に徹して、決勝は捨てるとか意味わからんのやけど。 佐々木選手は前日に肘に違和感を感じていたという情報もありますし、それを加味しての判断だとは思いますが。 あの春の負けから、選手たちに変化はありましたか?と。 そんな気概が勝利に直結していた。 全員野球も分かるけど、高校球児の目標は当然甲子園出場がまず第一にあると思う。 。

次の

【岩手】大船渡・佐々木は出番なく終戦 国保監督に厳しい声も

大船渡 国保 監督

怪我のリスクは人それぞれですし、評価は正直難しいですが、高校野球の勝利至上主義という観点が少しずつ変わりつつあるのかなと考えます。 采配に関しては、批判よりもここまでの戦いとチームを作り上げてきたことを讃えることのほうが大事なのではないでしょうか。 佐々木選手を投手どころか、野手としても使っていない。 注目の佐々木投手は登板せず。 甲子園が全てじゃない。

次の

春に語っていた決意

大船渡 国保 監督

この出来事は、その後も高校野球の投手の起用法やトーナメントでの戦術に関する議論において引き合いに出されるなど、問題に一石を投じることとなった。 準決勝は24日の予定。 感謝の言葉だけですね」とホッとした表情を浮かべた。 今どきの高校野球は、中日の松坂選手やヤンキースの田中選手の時と違って、将来ある選手を酷使して怪我をさせない傾向が強すぎると思います。 先ず前置きしておきます。 6回、2死満塁から走者一掃の三塁打と守備の乱れで4点を失い、これで勝負あり。 しかも高校生。

次の

國保陽平

大船渡 国保 監督

柴田は初回にいきなり2点を奪われ、その後もリードを広げられる苦しい展開に。 ちょっといいすぎかもしれませんが、佐々木くんと国保監督と運命的な出会いだったかも! そして、佐々木くんを投げすぎ内容に本当に大事に大事に育ててますね。 「大船渡は、佐々木が投げて打つだけのワンマンチームにはしない」という方針です。 国保監督と佐々木朗希投手、そして大船渡のメンバー。 前日の多投による故障を恐れ、温存に徹したのでしょうね。 お気付きかと思うが、僕はこの記事でここまで何の意見も述べていない。

次の

大船渡国保監督

大船渡 国保 監督

どうやら指導者としての道を志しての退団だったようです。 批判も浴びた国保監督ですが「誰が出ても勝てるチームを作りたい」という意志を貫いたのは、それが佐々木の負担を減らすことにもつながるからでした。 って思っていたんですけど。 さぁ目次です。 それだけ注目なんだよな。 将来を嘱望された2001年のMLBドラフト1巡目(全体2位)でカブスに入団した新星右腕は、その卓越した制球力でメジャー2年目の03年に18勝6敗、防御率2・43の飛躍を遂げサイ・ヤング賞投票3位の得票を集めたが、その後は度重なるケガとの戦いでその年をピークにわずか5シーズンでメジャーの舞台から姿を消した。 連投を考慮した気持ちは分からないでもないし、今後 プロ野球かメジャー を意識したのかも知れないが、こう言った連投を乗り越えてこそのスター選手が数多く出ているので、そこは無理をさせろとまでは言いませんが、よっぽどの怪我で無い限り登板させて欲しかったと言うのが一野球ファンの意見です。

次の