メチル エルゴ メトリ ン。 メチルエルゴメトリン:メテルギン

医療用医薬品 : メチルエルゴメトリンマレイン酸塩

メチル エルゴ メトリ ン

の子宮出血治療• 人工妊娠中絶の子宮出血予防• これらの薬剤はCYP3A4を誘導することから本剤の代謝が促進されると考えられる。 その事実にショックを受けるでしょうが、泣いていても始まらないので、とにかく産婦人科に行って相談です。 心疾患• 胎盤娩出後、子宮復古不全、流産、人工妊娠中絶 用法 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩として、通常成人1回0. アナフィラキシー..発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、咳込む、ゼーゼー息苦しい。 妊婦に子宮圧縮剤を飲ませるなんて悪質そのものです。 有効成分 2錠 1回量 中 イブプロフェン 150mg アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg 無水カフェイン 80mg メテナリンの併用禁忌・併用注意に指定されている成分が ノーシンピュアの成分の中に含まれていないことがおわかりかと思います。 の子宮出血予防 メチルエルゴメトリン錠0. また、肝臓や腎臓の働きが落ちている人は、薬が強く効きやすいので慎重に用いるようにします。

次の

メチルエルゴメトリン注0.2mg「あすか」

メチル エルゴ メトリ ン

胎盤娩出前後の子宮出血予防• の子宮収縮促進• マクロライド系抗生物質 エリスロマイシン、クラリスロマイシン 、シメチジン、キヌプリスチン・ダルホプリスチン、スチリペントール、グレープフルーツジュース[本剤の血中濃度が上昇し血管攣縮等の重篤な副作用を起こす恐れがある 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害される恐れがある ]。 その特異的なな結合・活性化のパターンにより、子宮平滑筋を 5-HT 2A セロトニン受容体 を通じて収縮させる。 過量投与時の徴候、症状:悪心・嘔吐、腹痛、しびれ感、手足の刺痛感、血圧上昇、血圧低下、呼吸抑制、低体温、痙攣、昏睡等を生じることがある。 以下にあてはまる方は、• エファビレンツ投与中• 注意が必要なケース..高血圧症、妊娠高血圧症候群、子癇、肝臓病、腎臓病のある人など。 メチルエルゴメトリンは交感神経作動薬や麦角アルカロイドと同様に血管を収縮作用を増強させる。

次の

医療用医薬品 : メチルエルゴメトリン

メチル エルゴ メトリ ン

の子宮出血予防 メチルエルゴメトリン注0. 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 人工妊娠中絶の子宮収縮促進• 以下の病気・症状がみられる方は、• 適応症 [ ] 子宮収縮の促進並びに子宮出血の予防及び治療の目的で次の場合に使用する。 • 妊婦・産婦• 授乳中の女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[母乳中へ移行することが報告されている]。 動悸、頭痛、眠気、めまい、血圧の変動• ブロモクリプチン[血圧上昇、頭痛、痙攣等が現れる恐れがある 機序は明確ではないが、相互に血管収縮作用、血圧上昇作用を増強すると考えられる ]。 筋・骨格系:筋痙攣。

次の

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩錠0.125mg「F」

メチル エルゴ メトリ ン

Fachinformation des Arzneimittel-Kompendium der Schweiz: (ドイツ語)• 医師の指示を必ずお守りください。 通常、胎盤娩出後、子宮復古不全、流産、人工妊娠中絶における子宮収縮の促進、子宮出血の予防や治療に処方。 。 胎盤娩出前後の子宮出血治療• 本剤での報告はないが、CYP3A4の競合阻害により、本剤の代謝が阻害されるおそれがある。 • まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 エルゴタミン投与中• 肝疾患、腎疾患のある患者[本剤の代謝・排泄が遅延する恐れがある]。 アゾール系抗真菌薬投与中• 125mg「あすか」、(旧 メテルギン錠) ・・ 区分 : 子宮収縮剤/バッカク系/子宮収縮止血剤 PR 概説 子宮のゆるみを回復させるお薬です。

次の

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩注0.2mg「F」

メチル エルゴ メトリ ン

人工妊娠中絶の子宮出血予防• そういった薬を処方された本人以外に飲ませるというのは犯罪ですね。 メチルエルゴメトリン錠0. 効能 子宮収縮の促進並びに子宮出血の予防及び治療の目的で次の場合に使用する。 エルゴタミン投与中• 参考資料 パルタンM 添付文書、インタビューフォーム カバサール 添付文書、インタビューフォーム. 5~0. 125mg「F」は通常の市場流通下において2年間安定であることが確認された。 過敏症• 妊婦・産婦• 主な副作用 過敏症、発疹、胸痛、胸部圧迫感、血圧上昇、頻脈、徐脈、動悸、静脈血栓、末梢循環障害、血管痙攣 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、血圧低下、悪心、嘔吐、チアノーゼ、呼吸困難、心筋梗塞、狭心症、冠動脈攣縮、房室ブロック 上記以外の副作用 痙攣、頭痛、眠気、眩暈、口渇、耳鳴、興奮、幻覚、錯感覚、腹痛、下痢、筋痙攣、疼痛、硬結、胎盤嵌頓、多汗 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩注0. カベルゴリンは、ドパミンD2受容体に作用してプロラクチン分泌を特異的に抑制し、抗プロラクチン作用で、強制的に母乳を止めます。 Ergot: the genus Claviceps. 125mg「あすか」の用途• 出産後や流産のあとに用います。 商品名では下記の薬剤が存在します。

次の

メチルエルゴメトリンマレイン酸塩注0.2mg「F」

メチル エルゴ メトリ ン

以下にあてはまる方は、• その 収縮作用から領域で用いられている。 メチルエルゴメトリン注0. 胎盤娩出を促進するために用いられることもある。 出産後で子宮の回復が遅いとき、あるいは流産や人工妊娠中絶のあとに用います。 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しない[子宮収縮作用により、子宮内の胎児への悪影響、流産の恐れがある]。 HIVプロテアーゼ阻害剤投与中• Arzneimittelwirkungen 8 ed. めまい• 重篤な虚血性心疾患• の子宮収縮促進• メチルエルゴメトリンマレイン酸塩として、1回0. の子宮収縮促進• 授乳婦 メチルエルゴメトリン注0. 25mgを1日2~4回経口服用。 出産などの後、子宮を元の大きさに戻すのを助け、出血を予防したりおさえたりするお薬です。 」 などと、非妊娠であるかを確認するのは必須です。

次の