お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら。 story

kiminonawo_d

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

だけど起きて着替えるとき足の小指を思いっきりぶつけたり、万事につけては吉日じゃないらしい。 「な、来て良かったろ。 いつの間に泣いてたんだろう。 母はまだ地方での講演の仕事から戻れず、僕は慌てて駆けつけた祖母の義理の妹にあたる人と2人で祖母を送った。 新しい両親は本当の息子のように育ててくれた。 」 「は?俺は下働きかよ。 あとオムツも替えてあげたがウンチの時はどうしたらいいか分からず放置していた。

次の

kiminonawo_d

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

お前、肝心なことはいつも直球だったもんな」 「たまに言われるほうがありがたみがあるでしょ?」 「ははっ。 そして着替えながら、毛づくろいをしている猫を見る。 「飼いたいなぁ」 俺は隣を歩く黒猫を一瞥し、思わず頬を緩めた。 「ま、親に放置されてるとなんでもできるようになるもんだ」 「……ごめんなさい……」 高野の自嘲気味な発言に、律はしょんぼりしてしまった。 「ねぇ、新八っつぁん」 耳元で囁かれた言葉は温かくて、俺は泣きたくなってしまう。

次の

story

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

千年山駅から千年渓谷のバーベキュー場までは、バスで二十分だ。 俺はちゃんと、お前の気持ち、お前の想い、ちゃんと分かってるから。 今朝の空気はよく透き通ってて、青空は咲き誇る桜に負けじとますます青く輝いていた。 平助の腕が俺の肩に添えられ、静かに髪を撫でる。 そ「まふ…mix疲れた」 そらるさんが僕の肩に頭を乗せる。 だから、ちゃんとチェギョンに言ってあげて。 バイバイ、新八っつぁん」 言葉と共に、頬にもう一度平助の唇の感触。

次の

絢樫Cafe

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

とても心地よくて…。 「……何、言ってんの。 夢現に、夜中にも一度起きた気がしたが、うまく思い出せない。 ありがとう。 そ「"俺といるから"かぁ…」 俺はまふの顔を見る。 あんまり刺激しない方が良いよ。 それなのに、さっきは自分でしてきたわ」 まるで、今の今までそのことに気付かなかったかのように、シンが息を飲んだ。

次の

絢樫Cafe

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

あの口調だと、玲瓏院の誰かが来るんだろうなと思いながら、俺はシーツを両手で握る。 じゃあ俺は言いすぎか?」 「…高野さんは今のままでいいです…。 ヘッドホンを付けているから 余計僕に気づかなかったんだろう。 ガンヒョンが、お世辞にも優しいとは言えない目をシンに向けている。 一年間のたった一日。 今まで自然の中に出るのはあまり好きではなかったが、こんな風ならいいものだと思える。 おはよう、藍円寺。

次の

おじさん「うちの子にならないか?」 自分「おじさんの子になったら明日も……できる?」

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

辺りが寝静まって、僕はドアを少し開けて外を見た。 ----- こんにちは。 そう考えながら、俺は目を伏せた。 それから俺の指をぺろりと舐めた。 今度は席があったからふたりで座って、窓を過ぎて行く景色を楽しむ。 一瞬でも希望を持っただけに、それは重く深く……僕は声も出ないまま、ただ床にうずくまっていた。 」 ヤンクミは手をぶんぶん振り回して必死になって否定している。

次の

惚れた弱み

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

120• なにせ、横断歩道の中央で、白いふわふわの仔犬を抱き抱えながら、しゃがみこんでいる。 それにこれからも一生歌い手であり続ける事。 だから、午後になったらすぐにでも、絢樫Cafeに行きたいと考える。 いらっしゃい。 田舎の信号だから、無視する人は珍しくはない。

次の

山猿 ラブソング 歌詞

お前 が 明日 も 明後日 も 俺 の そば に いて くれる なら

反射的に視線を下げると、俺の足首を握る華奢な白い少女の指が見える。 この程度、何の問題もない。 それから目を閉じる。 俺の視界には、赤信号が入っている。 しかも。

次の