エマニュエル パユ。 パユ(エマニュエル)/テレマン:フルート協奏曲集【期間限定盤】

エマニュエル・パユ、初来日から30年。さらなる挑戦意欲を胸にフルートで音楽を極め続ける彼の「現在」

エマニュエル パユ

北欧の感性が息づく名曲の数々をお楽しみください。 レコーディングも大忙し。 ヨーロッパでは必ずしも無いようなものが日本で開かれています。 人によってはぞっとするかもしれませんけど日本人でもそれは嫌だといわれる方もいますし。 バッハとブーレーズとドビュッシーを並べて、それぞれにどういった共通点があるのかを考えるのも面白い。

次の

2002年4月23日ゲストエマニュエル・パユ|徹子の部屋辞典

エマニュエル パユ

いわゆる14Kといわれる金でできています。 見かけ上CDのジャケットに見かけが良いと言うだけでなにを言ってるのか何を表現したいのかそういうことの集中度が大事ですね。 (文・構成:柴田泰正 写真:横田敦史 協力:アスペン). この中には東京での公演も入っています。 ですからこの先の10年は非常に生産的なものになると思いますよ」。 レコーディングに関しては、徐々にCDというかたちは失われ、ダウンロード販売をはじめとする新しいリリース形態が普及していくだろうと彼は言う。

次の

2020年コンサート

エマニュエル パユ

録音 [ ] よりと契約して録音活動を開始した。 それとエリック=ラサーシュと11月のツアーでリサイタルをします。 5カ国語に堪能で、5歳のとき隣に住んでいた人のフルートの音色に魅せられて、 両親からプレゼントされて始めたのがきっかけだそうですよ。 Disc 1 No. ちょっと残念ですが、私生活はともかく音楽性はピカイチですから。 海外マガジン• そして15歳の時に初めて公演をしました。 脚注 [ ]. 「彼が自分で指揮も担当し、このアルバムのためにフルート無伴奏曲も書き下ろしています。 そしてフルートというのは女性的な器楽なんですよ。

次の

エマニュエル・パユ、初来日から30年。さらなる挑戦意欲を胸にフルートで音楽を極め続ける彼の「現在」

エマニュエル パユ

このサイトでは有料でベルリン・フィルのライブ映像や過去の演奏を視聴できるほか、プログラムをめぐる団員とゲスト・アーティストとの対話や指揮者のコメントなどが無料で視聴できるようになっている。 jp 営業時間 10:30〜19:00(アカデミーは平日21:00まで) 定休日 木曜日(祝日の場合は営業) 管楽器専門店ドルチェ楽器HPより引用 フルートに関しては、私自体まったくの素人なので、これ以上の情報を扱う自信がありません。 6歳でフルートを始め、パリ国立高等音楽院でミシェル・デボスト、アラン・マリオン、クリスチャン・ラルデ、ピエール=イヴ・アルトーに師事、同音楽院卒 業後はバーゼルのオーレル・ニコレの下で研鑽を積んだ。 。 「フルートを吹けるようになるためには、まずそれを手にとって練習する動機が必要です。 海外マガジン• 木村心美さんの師匠でもあるわけですから、もしかすると心美さんの愛用しているフルートもヘインズフルートの可能性が有りますね。

次の

エマニュエル・パユ、初来日から30年。さらなる挑戦意欲を胸にフルートで音楽を極め続ける彼の「現在」

エマニュエル パユ

フルートの可能性を示唆する各曲に真っ向から対峙するパユの演奏家としての真髄が、ぎっしりと詰まった渾身のアルバム。 2017年11月の来日公演でもこのようなフルート1本だけのソロ・コンサートを1回開催。 06年放送の大河ドラマの紀行音楽にも参加した。 ドゥイノ国際コンクール第1位(1988年)• 受賞歴 [ ]• 和雑誌• yahoo. だからテクノロジーが追いついてくるまで待たなければなりませんでした。 また、楽器の持ち方も独特で横に楽器 フルート を構えますので、余計に音出しが難しく感じます。 電子洋書• 私たちが望むクオリティの配信をするためには、消費者市場の4、5年先を行く、最先端のテクノロジーを実装する必要があったんです。

次の

エマニュエル・パユ(フルート)

エマニュエル パユ

3月にリリースされたウィーン・フィルの首席ハーピスト、アンネレーン・レナエルツが弾くニーノ・ロータ作品集で、彼は《フルートとハープのためのソナタ》を吹いている(2018年9月録音)。 第2回第1位(1989年)• 「たとえば無伴奏なら無伴奏で、J. 毎年一回は日本に来ています1989年にはじめて日本に来たのですがそれ以来毎年一回以上来ています。 確かに1曲といわず100曲といわず、自在な情報発信が可能な時代となった。 ジャンルでさがす• 休憩なし70分1本勝負のすさまじいパフォーマンスで、満員の聴衆の喝采をさらったことは記憶に新しいでしょう。 93年ですね。

次の

インタビュー エマニュエル・パユ ~銀座 王子ホール~

エマニュエル パユ

ベルリンフィル、リサイタル、コンサート、そして録音で、この新しい楽器を演奏しましたが、この相棒は軽やかなヴィルトーゾ、美しいレガート、あらゆるダイナミクスにおける音色の多様性、そして美しく自然な音色を、私のために導き出してくれます。 来たる5月にセッションが予定されているのは、イヴァン・レプシッチ指揮するバイエルン放送管弦楽団との共演によるコンチェルト・アルバム。 89年の神戸国際コンクール第1位で日本のフルート・ファンの注目を一気に集め、92年には最難関のジュネーヴ国際コンクール第1位を獲得。 1989年の神戸国際コンクール第1位で日本のフルート・ファンの注目を一気に集め、92年には最難関のジュネーヴ国際コンクール第1位を獲得。 ヘインズフルート社の素晴らしい努力と、開発に対する斬新アイデアに「ブラヴォー」をおくります。 オーケストラを離れたソロと室内楽活動で、この数のレパートリーをこなすとなれば、重くてかさばる紙の譜面と世界を旅するなど真っ平御免と思って当然か。

次の