広島 カープ デイリー。 中村奨 悲壮決意!3年目へ「クビ覚悟して…次の就職先まだ決めたくない」/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

カープのファンはなぜ「あんなに熱い」のか 黒田復帰を後押しした広島県民――いま、広島が熱い!(2)

広島 カープ デイリー

「野球の聖地」甲子園は別だが、いずれも本拠地はドーム球場でもある。 主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。 故障がなければ開幕からローテーションに入り、二桁勝利も期待できるだろう。 不安なのはリリーフ陣だ。 これが反響を呼び、1年後には目標の1億円を超える1億2500万円が集まったのだ。 そして、この「広島市民とカープ本拠地球場の歴史」を知ると、カープに対する広島市民の熱い想いに理由があることが分かってくるのだ(以下、新潮新書『』を基に紹介)。

次の

「広島カープ」強さを取り戻せるか、“暗黒期”に逆戻りか…2020年は“大きな分岐点”だ

広島 カープ デイリー

普段は高校野球とか、大学野球の記事を書いている奴らしいが、調子に乗ってプロ野球の記事を書いちゃった感がみてとれます。 たくましい姿となり、分岐点の2020年に挑む。 今年は大きな分岐点と言えるシーズンとなるだろう。 主砲の鈴木誠也が安定しているのは大きな救いだが、東京五輪でも主力として期待されているだけにその影響も心配される。 堅実経営を掲げるカープ球団としては、乗れない話だった。 他のセ・リーグ5球団を見ても大幅に戦力アップしているチームは見当たらず、Aクラス入りする可能性は高い。

次の

デイリー新潮今年も広島カープをしっかりディスってます。記事を書いた西尾典文氏はアマチュア野球の記事だけ書いておいてくれ!!

広島 カープ デイリー

自分がローテを取るという気持ちが出ている。 何が何でもローテに入って1年間、投げ切ることを目標にしている」 佐々岡監督は「1球目の入りの所で投げ切れていた。 野手陣は昨年、西川龍馬、菊池、バティスタ、鈴木誠也、松山竜平という並びが固定されていた時は安定した結果が続いていた。 ただ、広島市民球場、マツダスタジアムと二代にわたる本拠地球場への地元の支援を見れば、まさに「市民球団」の名が相応しいだろう。 かわいそうに。

次の

中村奨 悲壮決意!3年目へ「クビ覚悟して…次の就職先まだ決めたくない」/広島カープ/野球/デイリースポーツ online

広島 カープ デイリー

カープ情報が1面にくる!として広島で愛されているデイリースポーツ広島版がアプリで登場。 西尾典文(にしお・のりふみ) 野球ライター。 リーグ三連覇を抑えとして支えた中崎翔太が昨年大きく成績を落とし、昨年前半フル回転したレグナルトは戦力外となって退団した。 先発ローテーションは、森下に大きな期待をかけなくてもある程度コマが揃っている印象だ。 来季こそ頭角を現すという思いがにじんでいた。 ファンとしては何度見たって見飽きない・目に焼き付けたい胴上げシーンを、手のひらの中でもチェック。 では、あっさりと「ドームではない球場を作ろう」となったかと言えば、そう話は簡単ではない。

次の

「広島カープ」強さを取り戻せるか、“暗黒期”に逆戻りか…2020年は“大きな分岐点”だ

広島 カープ デイリー

ブルペンの整備をどうするかが、佐々岡真司新監督の最初の大きな仕事になりそうだ。 この急成長の理由の1つは、間違いなく黒田効果だ。 いちばん触れてはいけない事に禁止ワードを絡めて、さらに低迷期とまで言ってる。 岡田明丈を先発からリリーフに転向させると言われているが、制球力に課題があるだけに大きな期待はかけづらい。 週刊新潮WEB取材班編集• 開幕投手の大瀬良のあとを受け、七回から登板し2回1安打無失点だった。

次の

広島・遠藤淳志、開幕ローテへ2回1安打無失点「1年間、投げ切る」/広島カープ/デイリースポーツ online

広島 カープ デイリー

予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。 しかし、バティスタは禁止薬物使用の影響により契約の継続が不透明な状況で、松山も今年で35歳という年齢を考えると大きな上積みは考えづらい。 広島でしか読めなかった紙面を、全国で手のひらの中でチェックできます。 果たしてそんな悪循環から抜け出すことができるのか。 それは受け止めている」と話した。

次の